気分良く踊る妹とオレ

「豚汁」のことが好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいるだろう。どうでもいいと思っている人も。アナタにとっての「音楽家」はどうなんだろう?

「豚汁」のことが好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいるだろう。どうでもいいと思っている人も。アナタにとっての「音楽家」はどうなんだろう?

控え目に跳ねる先生と霧

このごろまで全然知らなかったが、オムツのまま水に入れるなるものがあるみたいだ。
都市部では、プール用オムツをはいて入れることろと入ってはいけないところがあり、場所によって違うらしい。
間違いなく、大人から見れば、水についてももれないオムツでもうんちなどしているオムツで入られたら、いい気持ちはしない。
とはいえ、親だったら、プールにいれてあげたいと考えてしまう。
なのだけれど、立場が逆だとしたらめっちゃいやだ。

風の無い週末の昼は立ちっぱなしで
近頃、大衆小説を読みふけるのは少なくなったが、過去に水滸伝の北方バージョンに夢中になっていた。
昔に訳された水滸伝を軽く読んだ時は、つまらなくて不満で、没頭することはなかったが、北方謙三さんの水滸伝を精読したときは、没頭し、読み進めるのが止まらなかった。
会社の仕事のなか休みや家に帰ってからの食事中、入浴中でも読んで、1日一冊ずつ読みとおしていた。
作中人物が人間味あふれていて、凛々しいキャラクターがとても多く、そこに熱中していた。

目を閉じて体操する子供と冷たい雨

人間のほとんどが水だという研究結果もありますので、水分摂取は一つの体のベースです。
水分摂取を欠かさず、皆が元気で楽しい夏を満喫したいですね。
輝く日差しの中から蝉の鳴き声が聞こえるこの頃、いつもはあまり出かけないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関して丁寧な方が多いかもしれません。
夏の肌のお手入れは夏が過ぎた頃に出てくるといいますので、やはり気にしてしまう部分ですね。
やはり、誰もが気になっているのが水分摂取に関してです。
ましてや、普段から水分の過剰摂取は、良いとは言えないもののこの時期ばかりは少し例外かもしれません。
どうしてかというと、多く汗を出して、気付かない間に水分が出ていくからです。
外出した時の自分の具合も関係するかもしれません。
ひょっとして、自身が気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑いときの水分摂取は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
短時間だけ外に出る時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があればすごく便利です。
人間のほとんどが水だという研究結果もありますので、水分摂取は一つの体のベースです。
水分摂取を欠かさず、皆が元気で楽しい夏を満喫したいですね。

目を閉じて体操する父さんと観光地
北海道から沖縄まで、数えきれないくらいの祭事が開催されているみたいだ。
実際に確認したことはないけど、じゅうぶん知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りだ。
絢爛豪華な彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
秩父祭り会館を見学したときに、DVDや実物大のそれらを見た。
寒い冬に行われるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
参加して見てみたい祭事の一つなのである。
冬祭りとは逆に、夏にあるのは、福岡市のほうじょうえがあり、生き物の命を奪う事を禁止するお祭り。
大昔は、この祭事の間、釣りも禁止されたとの事。
伝統ある祭りも大事だが、私はりんごあめも同様に好きだ。

ゆったりと歌う家族と公園の噴水

やり始めたら、仕上がるまでに時間を要するものが、世界にはたくさんある。
すぐにあげられるのが、外国語の習得だと思う。
実は、お隣の韓国の言葉は、例外ともいえるようで、私たちが話す日本語と同じく、SVOで、その上に音が似ているので、習得しやすいそうだ。
韓国語を学んだ明日香ちゃんは、今から始めてもわりと学びやすいので良いと思うよ、とのこと。
ほんの少しテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、独特なハングル文字は暗号にしか見れない。

目を閉じて跳ねる家族とよく冷えたビール
私の子供がマルモダンスをおどっている。
教えてもいないのに、3歳だけど頑張ってまねしている。
どこかでマルモのおきての音が流れると、録画した映像を見ると主張して泣いている。
保存した映像を見せるとエンドレスでずーっと休むことなく見ている。
親だから、テレビの映像を見てばかりよりも本を読んだり、おもちゃで体を使って遊んだりしているほうが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今いっしょに遊んでおくのも私の為だ。

じめじめした火曜の夜明けにお酒を

辺ぴなところに住んでいたら、ネットショップでものがお手軽に買えるようになったのが、ものすごく助かる。
その理由は、駐車場がある本屋が市内に2軒しかなくて、本の品ぞろえもひどいから、買いたいマンガも手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりはインターネットで買う方がお手軽だ。
なぜならば、書店に行くだけで車で30分かかるからすごくめんどうだ。
オンラインショップに手慣れたら、なんでもインターネットで購入するようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安いし、型番商品は必ずネットショップ購入だ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

悲しそうに大声を出す彼女と失くしたストラップ
南九州の老齢の奥さんは、毎日、弔花を霊前になさっているから、なので、切り花がたんまり必要で、花の生産農家も山ほどいる。
晩に、車で飛ばしていると、菊の為のの光源がちょいちょい晩に、車で飛ばしていると、菊の為のの光源がちょいちょい見える。
住宅のライトはとっても少ない農村とは言っても、電照菊光はいつも目撃する。
菊の栽培光源はちょいちょい見えても人通りはものすごくほんの少しで街灯の明かりもすごくわずかで、危険なので、学生など、駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

一生懸命泳ぐあなたと公園の噴水

村上春樹の本が好きだと、読書ファンの人々の評判を聞いて、初めて読んだのがノルウェイの森。
この作品は、海外でも大勢の人に読まれ、松山ケンイチ主演での映画も公開された。
この人の内容は、面白く、サクサクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との両者の間でゆれる、主人公のワタナベは、実に生死のはざまでゆれているよう。
その骨組みを無視して読んでも直子も緑も魅力的だと思った。
で、キズキや永沢さんやレイコさんというスパイスが加わる。
登場人物のみんなが、魅力があり一風変わっていて陰の部分を持ちあわせている。
もう何年も前に読んだ作品だが、読みたいかも!と思い、開いたことが何度もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
ワタナベはモテるだろうなとと感じた部分。
で、直子がちょっとだけうらやましくなった。

陽の見えない木曜の昼は昔を思い出す
何でも一個の好きなことを、ひたすらコツコツ続けている人に憧れる。
サッカーでも、手芸でも、とても目立たないことでも。
毎年一回だけでも、学生時代からの友達と、あの旅館に連泊する!でも良いと思う。
何でも地道に辞めないで続ければいずれは実用まで達することがある。
わたしは、小学校の時、ピアノと油絵なんかを習っていたが、もっと頑張ればよかったな。
そう感じるのは、家のの角に両親に貰ったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、そのうちもう一度弾けるようになりたいという夢がある。


ページの先頭へ